朝って毎日、結構忙しいですよね? 

朝起きてから出かけるまでに、やることが沢山~

眠い目を擦りながら身だしなみに気を遣ったり、今日の予定を見直したりで

朝って『あっ』と言う間に時間がたっちゃいますよね。

ダイエット中だし朝食抜いた方が1日の摂取カロリー抑えられるし

『時間ないから抜いちゃえ』なんて事ありますよね?

そんな気持ちよく分かります。

しかし、朝ごはんには大切な役割があるんです。

スポンサーリンク



朝食の大切な役割

☆ 人には体内時計があり、その体内時計の周期は24時間よりも若干長いため

  朝食を食べることによって体内時計を正常に戻す働きがあります。

  体内時計が乱れると生活習慣病になりやすく

  肥満になるリスクも5倍になると言われています。



☆ 朝起きたときに頭が「ボーッ」としてしまうのは、

  寝ている間にブドウ糖が使われて足りなくなってしまうためです。

  朝食を食べる事によってブドウ糖をしっかり補給し、

  脳とからだをしっかり目覚めさせることで活動を活発にすることができます。


☆ 朝食を食べないと基礎代謝量が減り太りやすい体質になります。

  基礎代謝は何もせずじっとしていても内臓を動かしたり

  体温を維持するために使われるエネルギーです。

  基礎代謝の中で、最もエネルギー消費が多いのは筋肉です。

  筋肉を鍛えて筋肉量を増やすことで基礎代謝量が増え、

  太りにくく痩せやすいカラダになります。

  逆に筋肉量が少ないと、基礎代謝量が少ないので痩せにくいカラダになります。


朝食抜きで起こる病気のリスク

毎日朝食を摂る人に対して、朝食を摂らない人は血管を傷つけやすく

科学的に脳卒中などの重大な病気を発症するリスクが高くなることが判っています。

どんな朝食がいいの?

簡単朝食メニュー


トースト、目玉焼き、サラダ、ヨーグルト、

調理も卵を焼くだけ♪それでいてバランスもよくて理想的です。

朝食は多少はカロリーが高くても大丈夫ですが、

できればしっかりと食べても、カロリーが低いものを選びたいですね。


大豆が原料なのでとってもヘルシーなうえ、大豆タンパク質はゆっくり吸収されるので
お腹もちもよく、大豆イソフラボンをあまり食べない人に比べ、たくさん食べる人のほうが
乳がんになりにくいことがわかっています。

朝少し時間があるなら

ダイエット中はお米は太ると思われている人も多くいますが
ダイエット中の朝食の理想メニューは、和食です。

ご飯、煮物、味噌汁、魚、野菜などで出来ており

主食・主菜・副菜・汁物のバランスのとれた食事で

脂肪が少ないのでおすすめです。

朝はとても忙しもの、朝食を作る時間のない方は

シリアルでもOK!

忙しい朝にも手軽に大麦の栄養と食物繊維が補え

エネルギーを安定供給し、血糖値の上昇もゆっくり上げられ

消化にも時間も要するので、長い間満腹感を感じていることができます。

朝食の摂り方が重要

朝食の摂り方ですが、食べる順番にも気を付けたいですね。

一般的に規則正しい生活をしている場合、

前日の夕食から少なくとも10時間以上食べ物を摂っていない状態になっているはずです。

そこに食べ物を摂るのですから注意が必要です。

急激に血糖値を上げてしまうのはダイエットにおいても健康維持においても良くありません。

少なくとも甘い飲み物を一番に飲むことは避けましょう。

できれば朝起きたらコップ一杯(200ml)のお水を飲みましょう

その後、朝食を摂ると良いでしょう

洋食ならサラダやスープなどから

和食なら味噌汁など、ゆっくりと血糖値を上げてくれる物からたべていきましょう。

それからたんぱく質、炭水化物と食べて行ってください。

ダイエット中の食事で朝食は抜いてもいいの?結果

朝食は体内時計のリセットをし

体に必要な栄養を取り入れ日中活動するエネルギーとなります

朝食を抜くと必要なエネルギーが補給でず、

脳も体も正常に働かなくなるため、

『ボー』としたり

『イライラ』したり

何事にもやる気がなくなって疲れてしまいます。

また、朝食をリラックスして食べる事で消化器官が刺激され、

便秘が解消され腸内環境が整いダイエット効果が高まります。

簡単に食べるご飯でも良いので、毎朝食べる習慣をつけることで、
体の調子が整い健康的に1日を過ごすことができます。

結果バランスのよい食事をすることでダイエット効果を高めることができます。
朝食をきちんと摂り、健康的に美しい体を手にいれましょう。